ライブチャットをマッチングサイトと間違えている男性客

チャットレディにラインアドレスを聞いてくる男性の心理とは?

チャットレディを長くやっていると、男性ユーザーが直接の連絡先を聞いてきたりします。

キャリアアドレスを教えてほしいとか、SMSでいいからやりましょうとか、ラインの交換をしましょうとかです。

このページでは、私の経験談を載せています。出会い目的で連絡先を聞いてきた男性客のエピソードと断り方などを紹介していきたいと思います。

出会い系サイトと思ってライブチャットを使っている

ライブチャットには、チャットがしたい人が大半なのはもちろんですが、出会い目的の人も中にはいます。

マッチングサイトでもないのに、勘違いして出会いができるサイトだと思っている男性がある程度いるのです。

ライブチャットサイトだとみてすぐにわかるのにもかかわらず、出会いに目がくらんでいる性欲まみれの男性も多いのです。

なので、チャットにログインしてくるなり、ライン交換してくださいとか、メルアド教えてくださいとか聞いてくる男性が多いです。

ですが、男性客ばかりが勝手にチャットサイトを出会い系だと勘違いしているわけではなく、ライブチャットをランキングなどにしているウェブメディアなども原因の一つなんです。

そのウェブサイトというのはアフィリエイトサイトと呼ばれるものですが、チャットサイトを男女のマッチングアプリかのような紹介をして小遣い稼ぎをしているサイトが多く見受けられます。

当然ですが、そういう宣伝されたサイトを目にした男性はこのサイトに登録すれば女性を入れ食いできるみたいに勘違いしてしまうのです。

こういった魑魅魍魎のサイトが存在しているからこそ、男性客はチャットレディにチャットやメールで出会えませんかなどと聞いてしまったりするのです。

まあ、他にもいろいろな細かい要因があるかもしれませんが、こういったウェブサイトのせいで男女の出会いができると勘違いしてしまうお客さんもいるということです。

連絡先を聞いてくる男性

実際に私が連絡先を聞かれたエピソードを紹介していきたいと思います。

チャットレディをやったことがある人はうんざりするほど体験しているかもしれませんね。

チャット開始して唐突に「付き合ってください!」

彼女になってくださいとかいきなりいってくる男性客は結構います。

こういった男性は、チャットレディも彼氏がほしいと思っているみたいで、どういう男性が希望ですか?などとも聞いてくるのです。

こういうメールやチャットをしてくる男性は、まともに相手をしているときりがないので、適当にかわしましょう。

ラインID教えてください!という男性客

ライブチャットを出会いの場だと勘違いしている男性客の中で一番送ってきがちなメールはライン交換してくださいメールです。

ライン交換してくれませんか、などといって、いきなり自分のラインIDを送りつけてくる男性ユーザーもいるくらいです。

ライブチャットでチャットレディにラインなどの連絡先を聞いてくる男性ユーザーというのは、ポイントをあまり消費したくないという傾向を持っているので、メールで聞いてくることがほとんどです。

まずはメールでそのチャットレディが反応してくれるかを確認して、だめなら別のチャットレディに送るというスパムチックなことをやっているのです。

そういう男性は最初からチャットなんてする気がないので、あまり相手にしてもしょうがないので、次の男性がチャットしてくれるのを待っていた方がお得ですね♪

チャットレディをやっている女性とどうしても出会おうとするライブチャットのユーザーというのはあとをたちません。

私がチャットレディをしているときに、こういったメールを送ってくる男性がいたときは、3,4通くらい引き延ばしてから断っていますが、うまいチャットレディになると、そこからどんどん会話を広げていって、何十通もメールをすることもできるようです。

男性のあそこを見せてくる客

自分の大きなムスコをみせれば、女性が好きになってくれると本気で勘違いしている男性は多いです。

「俺のちんちん見て!マグナムっていわれてるよ!」なんていきなりいってくる男性もいますが、女性の皆さんはわかると思いますが、男性の股間の大きさなんて1ミリも気にしていません。男性は本気でアピールできると思っている節があります。

でかい男性器を見せつけさえすれば、女性が好きになってくれるかもしれないと本気で思っている男性がいるのも笑えますよねw。

チャットレディをやっている女性からしたら、男性の股間を見せつけられても、メールアドレスを教えたり、ラインを交換するわけありませんよね。チャットレディの腕のみせどころはここからどうやってチャット時間を延ばすかですね♪

会えることを確信しているかのような人

チャットレディをやっていると、ペニス画像を送りつけてきたりする男性もいたかと思えば、だんだん合える方向に持って行く男性もいるのが困ったものです。

とにかくリピートしてでも即席でも会いたがる男性というのはいるものですが、こういった男性をうまいこと転がしていってチャットレディとしてなんぼだと思います。

こういった男性をうまいこところがしていければ、上手に稼いでいくことができるかもしれませんが、男性を転がすことが苦手な人もいるでしょうから、すぐに断ってもいいと思います。

ホテルで会いたがるお客さん

ポイントを使ってチャットしないくせに、エッチなコンテンツ動画を見たいというせこい男性も中にはいます。

こういった要求メールをしてくる男性に動画を送ってあげたとしても、次からチャットにログインしてくれるわけでもないので、注意が必要です。

チャットレディをやっている女性は慈善行為でやっているわけではありませねんから、対価をもらって当然なのです。

唐突にセックスを持ち出してくるパターン

ライブチャットサイトにおいて、ポイントを使いたくない客というのは、チャットレディにメールばかりを送る傾向があります。

チャットレディのサイトを出会い系だと勘違いしている男性も多くいるので、出会い系サイトを使えばいいのにという論理は通じませんw。

マッチングサイトや婚活サービスなんていくらでも有名なのがあるのにもかかわらず、チャットレディは出会いを提供しているサービスだと思い込んで登録している男性客が後を絶たないのです。

チャットレディがお客さんとの間でやってはいけないこと

以下には、男性客に対して、チャットレディがやってはいけないことや言ってはいけないことなどをご紹介しているので、是非参考にしてみてください。

なんとなくやってしまっている女性もいるかと思いますが、危険なのでやめましょう。

男性客と会うこと

チャットを介したバーチャルな世界ではなく、物理世界であってしまったことがあるというチャットレディの話をブログなどでたまに目にしますが、これは危険な行為に該当すると思います。

チャットの世界では物理的に触れることはできないので、安全にお仕事出来ますが、実際の世界で男性客と会ってしまったら、何をされるかわかりませんよね。ましてやどういう素性の持ち主なのかもわかりませんし。

ライブチャットで気兼ねなく交流を交わしていく内に打ち解け合っていくのはわかりますが、これはお仕事なので、きちんと線引きをしておいたほうがいいでしょう。

直アドは教えないように

スマホのメールアドレスなどを教えて、男性ユーザーと直接やりとりをしても、チャットレディとして稼げるわけではないので、やめておきましょう。

男性ユーザーにしつこくせがまれて適当な連絡先を交換しても、恨みを買うだけですし、そもそもチャットサイトは個人的な連絡先の交換を禁止しているので規約違反になります。

会える前提で引き延ばさないこと

ラインIDの交換やアドレス交換などの直接の連絡先の交換はもちろんやめておいたほうがいいですが、こうやって、あたかも会えるかのように見せるのもよろしくないと思います。

こういうテクニックを使って、なるべくたくさんチャットやメールをしてもらって、お金を稼ごうとする人も中にはいますが、男性の心をもてあそぶのはあまりよろしくないといえるでしょう。心理的にも抵抗があると思います。

最近聞いたエピソードとしては、今はコロナの最中で絶好の引き延ばし動機があるので、コロナが終わったら会おうといっている女性がいました。

ですが、こういった男性心理をつかったテクニックというのは、もとから会う気なんて毛頭ない訳なので、人間として心理的にどうかと思います。

男性だって一人の人間なので、会う会う詐欺をやられたときの気持ちを考えて、会えないとはっきりいって、単純にチャットの会話のみを楽しむようにしましょう。

直接アドレスを聞いてくる男性ユーザーの対処法

直接のアドレスをしつこくきいてくる男性客に対しては、どうやって回避するのがおすすめなのでしょうか。それを探っていきたいと思います。

私が今までチャットレディとして活動してくる中で、直アドなどを聞いてくる客に対して、うまく回避する方法はないかと思案した結果編み出したテクニックを紹介しています。

チャットレディのスタッフに何か言われるからという

ライブチャットで男性の相手をして稼いでいる女性に、連絡先を聞いて会おうなんていう虫のいい男性には、嘘でもいいのでいいわけをつくっておけば当たり障りなくその場を納めることができます。

ライブチャットでチャットレディの女性と出会おうとしている男性も、お金を使ってポイントを購入しているので、脈なしだと思えばそれ以上連絡してこなくなります。

ライブチャットの規約違反と伝える

どこのライブチャットも男性客との連絡先の交換や、直接的なやりとりは規約違反なので、これを言い訳にすれば連絡先をしつこく聞いてくる男性にも断りやすいと思います。

自分が直接ことわっているテイを出さない

以上のテクニックというのは、誰かに言われて断っているかのようなテイを出すことができます。

女性自身から自分から教えたくない!と言っているわけではなく、チャットサイトのせいにしたり、代理店などの第三者機関のせいにすることにより、すんなり断りやすいです。

スマホのアドレスやラインは教えてはいけません!

ライブチャットサイトの男性ユーザーは、チャットレディにライン交換などを持ちかけてくることがよくありますが、絶対に教えてはいけません。

女性側も一見さんのお客さんには連絡先をいきなり聞かれても、教えないかもしれませんが、リピートしてくれるヘビーユーザーの人から気兼ねなく聞かれたら、つい教えてしまう人もいるのではないでしょうか。

ですが、チャットレディとしてライブチャットにログインしているわけじゃない状態で、男性ユーザーといくらやりとりを重ねたからと言って、誰かが報酬を支払ってくれるわけではありません。

チャットレディをやっている人がたまに男性客と会ったりしているという話を聞きますが、とても危険な行為だと思います。チャットレディの最大のメリットはバーチャル空間で触れることができない点だと思います。

チャットレディに会いたいという男性は、実際にどんな意図をもって近づいてくるかわかったものではありません。

直接やりとりをして、実際にあったとして、その場で楽しめるだけであればいいのですが、自宅までつけられたりしたらストーカー被害に遭ってしまう可能性もあります。

そもそものチャットレディの最大のメリットというのは、触れられないというバーチャル空間で安心安全にお仕事出来るからどんな女性でも働きやすいという環境がそろっているのです。

そういった気安い行動をとってしまうチャットレディの女性がいることにより、そういった行為をしないように守っている他のチャットレディの人にも迷惑がおよんでしまいます。

なぜ他のチャットレディに迷惑がおよぶかというと、誰かひとりがアドレスなどを教えると、他の子も教えてくれるもんだと思い違いをしてしまう男性ができあがってしまうからなんです。

ひとりのチャットレディが安易に連絡先を交換して会ったりしてしまうと、全体的にも働きにくくなってしまう悪循環に陥ってしまいます。

チャットレディをやる女性は、楽に安全に稼げる環境が整っているわけですから、この好環境を利用して思う存分稼いでいきましょう♪

連絡先を教えてと何度も聞いてくるときはブロック

チャットレディに、直接連絡先を聞いてくるお客さんというのはブロック機能をつかってブロックしてしまってもいいと思います。

チャットレディにポイントを消化して稼がせてくれるならわかりますが、連絡先をきいて、自分はポイントを消費しないでおこうなんて虫のいいことを考えている男性客は無視して奥に限ります。

チャットレディの女性が男性客にラインIDなどを教えてしまうと、しめしめと思った男性客は、チャットでポイントを使わないでいいわけですから、ただであなたとやりとりをしようとするのは当然の理にかなったことです。

チャットレディをやっている女性のメールアドレスなりラインIDなどを手に入れた男性はチャットサイトを介さなくてもいいので、連絡にポイントがかかるわけではないので、ただでチャトレと連絡を取り放題になってしまいますが、女性からしたら男性とメールをやりとりしてもお金になるわけではないのでデメリットしかありません。

チャットサイト外でやりとりをしてもチャットレディにお金が振り込まれるわけではないので、よっぽどその男性が魅力的がしゃべっていて楽しい相手じゃないと成立しないと思います。

チャットレディが男性客と直接のアドレスなどを交換するのは、危険なだけではなく、時給をみずから捨てていることと同じです。

チャットサイトで連絡先を聞いてくる不届きな不躾な男をブロックすることにためらいをもってはいけません。男性客はたくさんいるので、他にもいくらでも時間を割いて相手をしなくてはいけないひとはたくさんいます。

そもそもがチャットレディのサイトは出会いの場を提供しているサイトではありませんし、チャットレディはチャットしてお金を稼いでなんぼです!なので、しっかりチャットしてくれて、お金を稼がせてくれるお客様との時間を一番にしましょう!